流行りの加圧シャツを徹底比較。使われている繊維から実際使った感想まで余すとこなく伝えていきます。自分に適した加圧シャツを見つけろ!

加圧シャツ大百科〜自分に合った加圧シャツ選びをサポートするサイト〜

ウルトラシックス

ウルトラシックスは本当に効果があるのか?腹筋300回の真相に迫る!

投稿日:2017年7月25日 更新日:

『着るだけで腹筋300回』
『着るだけ24時間強制加圧運動効果』

そんな効果を持つと言われている加圧シャツの1つ、「ウルトラシックス」ですが、本当に効果があるのか疑問を覚えるところですよね。

「ぽっちゃり体型を何とかしたい」

そう思っている方は飛びつくかもしれませんが、ちょっと待ってよく考えてください。そんなものがあったら、多くのトレーナーがこぞって着ているはずです。

しかし、そこまで注目されている物でもありませんよね。

そこで今回は、ウルトラシックスの評価について迫っていきたいと思います。購入を検討している方も是非参考にしていってください。

ウルトラシックスが効果ありと言われる理由に迫りましょう

そもそも、ウルトラシックスの効果が高いと言われている理由って、キャッチコピーにある『腹筋300回』だけだと思うんです。

そこで公式サイトが紹介している、ウルトラシックスの特徴について迫っていきましょう。

筋肉繊維沿強縫製って何?

ウルトラシックスの大きな特徴が、この縫製技術だと思います。この技術を簡単に説明すると、「人体工学に基づき筋肉に沿って編み込むことで、圧倒的な加圧力を実現している」と、公式サイトでは紹介しています。

その技術を支えているのが、「スパンデックス繊維」と呼ばれる素材ですが、実はこの繊維はみなさんの身近にもある物なんですよ。

この繊維の別名は、「ポリウレタン」と言います。ピンと来た方もいるかと思いますが、ポリウレタンは、スポーツウェアやタイツ、ボクサーパンツなど幅広く使われている素材なんです。

つまり、そこまで特別な素材ってわけでもありません。その上、筋肉繊維沿強縫製と謳っていますが、ほかの加圧シャツを見てみると、同じような構造をしている物も多くみられます。

着るだけで腹筋300回も嘘!?

ここではっきり言ってしまいます!

『腹筋300回』は全くの嘘に近いです。
そもそも、ウルトラシックスを含めた加圧シャツの原点には、「加圧トレーニング」と言う方法があります。

この加圧トレーニングは、「腕や太ももに専用のバンドを付けて血流を制限することで、軽度の筋トレでも効果を発揮する」方法なんですよ。そのため、専用のジムでライセンスを持っているトレーナーがいないと、行うことが出来ない非常に危険度の高い方法になります。

加圧シャツは、加圧トレーニングを気軽に行えるように作られた商品なので、そこまで加圧力も無いのが現状です。

そんな加圧シャツが、トレーニングしなくても効果が出るということは矛盾が出てきますよね?つまり、『着るだけで腹筋300回』は販売会社の誇張表現なんです!

効果が無いわけではありません!

しかし、ウルトラシックスは全く効果が無いというわけではありません。ウルトラシックスを着用してあることを行なうことで、効果を最大限に発揮することが出来ますよ。

その方法は、ズバリ「筋トレや運動を行うこと」です。

加圧シャツは適度に身体を締め付けて、血流を制限することで筋肉自体が負荷を与えてくれるため、筋肉の発達やダイエット効果を狙うことができます。

つまり、誇張表現に目が行きがちで、怪しさ満点な部分はありますが、商品自体の評価はそこまで悪くありませんよ。

ウルトラシックスで腹筋をバッキバキに割る方法を伝授しましょう!

そんなウルトラシックスですが、特に腹筋に加圧がかかります。そのため、筋トレも腹筋トレーニングに重点を置くことで、バッキバキの6パックに割れた腹筋を目指すことは可能ですよ。

これからは、あなたがウルトラシックスを着て腹筋を割る方法を紹介していきましょう。是非参考にしていってください。

腹筋が割れない理由を知っておきましょう

まずは『腹筋がなぜ割れないのか』、この理由を覚えておきましょう。お腹周りの脂肪がつきやすい理由には、自己防衛機能が大きく関わっています。簡単な話ですが、腹筋の直下には、肝臓や腸、胃など重要な内臓が多く存在しますよね?

そのため腹筋だけではなく、脂肪を蓄えて外部からの衝撃に耐えようと、体の仕組みが出来ています。

しかも、お腹周りの脂肪ってなかなか落ちないんです。脂肪は末端から中心に向かって燃焼していくので、腹部の脂肪は最後の方に燃焼されていきます。

つまり、腹筋を割るためには、筋力アップと脂肪燃焼の両方からアプローチをかけていく必要があるんです。

そう聞くと腹筋を割るのってかなり難しいように感じますよね?

ウルトラシックスを着ることで効率化を図りましょう

しかし、ウルトラシックスを着用することで、筋肉自体が負荷を感じ始めます。そのため、着ていない時よりも、筋トレの効率は確実に上がります。

つまり、通常の腹筋トレーニングにウルトラシックスを加えると、より最短距離で効果を実感しやすくなるんです。

また、ウルトラシックスを着用して腹部に圧力がかかると、食事量も抑えることが出来ます。そのため、より効果的にダイエットを成功させていくことが出来ますよ。

私のオススメ腹筋トレーニング方法を紹介します

さてここからは、私がオススメな腹筋トレーニングをいくつか紹介していきます。皆さんが知っている様な、体育で行う腹筋トレーニングよりも負荷が高いので、注意してくださいね。

チェアクランチ

チェアクランチは、椅子を使って膝を伸ばしたり曲げたりするトレーニング方法の1つです。このトレーニングで腹筋の下の方、わかりやすく言うと下っ腹を刺激してくれます。

やり方は下を参考にしてください。

  1. 椅子に座り、上体をやや後方へと傾ける
  2. 背中をある程度丸め、両脚をそろえて浮かせる
  3. 腹直筋下部を意識しながら、脚を引き上げる
  4. 膝と胸をくっつけるように引き付けたら、元の姿勢に戻す
  5. 繰り返し行っていく

V字クランチ

このトレーニングは簡単ですが、かなり効果が高いです。やり方は仰向けになり両手と両脚をくっつけるように上げるだけです。体をくの字にして、体全体で『V』を作ることをイメージして行っていきましょう。

V字クランチでは、腹筋全体を刺激してくれますよ。

腹筋ローラー

実は腹筋ローラーも効果が高いトレーニング方法です。筋トレで行う腹筋種目は、筋肉を縮めて行う方法が多いのですが、腹筋ローラーは逆に腹筋を伸ばすことで鍛える方法になります。そのため、腹筋種目よりもかなり効率的に鍛えることが出来るんですよ。

コロコロするだけの簡単動作な上に、安価で購入することが出来る腹筋ローラーはかなりオススメな方法になりますよ。

まとめ

ウルトラシックスの

『着るだけで腹筋300回』
『着るだけ24時間強制加圧運動効果』

このキャッチフレーズは全くの嘘と言ってもいいです。
これは販売会社の誇張表現戦略の1つになります。
だからと言って、ウルトラシックスに手を出さないのも、もったいないですよ。

ウルトラシックス自体の効果は高いです。
自分の筋トレに取り入れることで、更に効果を高めていくことが出来ますよ。

ウルトラシックスを着て、理想の身体を目指して突き進んでいきましょう!

-ウルトラシックス

Copyright© 加圧シャツ大百科〜自分に合った加圧シャツ選びをサポートするサイト〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.